アメリカ留学の年間費用ですが、運営組織・地域・クラス編成人数・学校のカテゴリー(私立校か公立校か)により、大きな価格差がみられます。約一学年の授業料・滞在費・航空運賃・生活費・こずかいなどが、毎年の留学に必要となります。パブリックと呼ばれる公立高校を例にあげると、カリフォルニア州では一番安くても年総額が約350万円からで、学校区によっては400万円もする地区もあります。一方、寮がある私立校の年総額は、450万前後から始まって、上限は850万円前後ですが、英国やスイスの中高留と比べるとかなり安い価格設定と言えるでしょう。

アメリカの中高留学にかかる費用の目安


田舎にある
私立の中高
大学進学私立
プレップ寮制校
1年限定
私費公立留学
公立高校
交換留学
東京私立
全日制校
入学金不要不要不要不要20-40 万
授業料+滞在ESL英語補習込み302~486万530~820万324-432万
英語補習無し
205万~
英語補習無し
70-110 万
(自宅通学時)
課外活動+送迎教材+保険雑費など$3000$3000$1000~$2000$2000~
事前の補習+航空券
50万
(自宅食費+交通費+塾)
初年度概算324~464万572-850万335万~453万226万~140~200 万
在籍の期間​複数年留学​複数年留学私立校に転校可1年限定で帰国必須両親宅から通学前提
ビザ種類F-1F-1F-1J-1不要

註:為替変動で変わる為、日本円表示は目安です( 1ドル$108円レ―ト/ 2020年9月現在)

学校の種類

留学の比較表私立プレップ校私費公立高校交換公立留学
クラス編成6-10名14-22名14-22名
滞在先敷地内の寮相部屋通常はホスト家族宅個室か相部屋
インデイアナ州は寮生活が可能
ホスト家族宅個室か相部屋
施設広大な敷地内に充実した設備一般的な施設殺風景一般的な施設殺風景
学校カテゴリー全寮制スクール全日制スクール全日制スクール
ランチダイニングホール自己負担自己負担多し
通学手段敷地内の移動市バススクールバス
英語補習ESL2-3レベルあり無し無し
学校の運営共学・男子校・女子校共学共学
週末多彩な課外活動学校企画あり家族と過ごす
4大進学100%70%卒業目的無し
APコース10-25コース10コース未満対象外
年間費用350-800万350万前後190-230万
進級可能可能:インデイアナ州とイリノイ州対象 
例外:ロス郊外400万
不可 
ビザ学生F-1ビザ学生F-1ビザ交流J-1ビザ
在籍可能な年数卒業するまで複数年1-2年前後1年限定で帰国が必須

参考 アメリカのビザの種類 (学生)

ビザ種類摘要
F-1中学生・高校生・大学生・大学院生・語学研修生
M-1職業専門校生(美容メイク・美容師・エステ・IT関連など)
J-1高校や大学への交換留学(1年限定)・大学スカラシップの学究研修生