4年制大学(通称:アンダーグラジュエイト)

アメリカの4大は大きく分けて、私立大学(プライベート)と州立総合大学(パブリック)、リベラルアーツカレッジ(私立文系大)、専門・単科大学があり、卒業すると学士号(バチェラーと呼称)が授与されます。文系の専攻学科卒者は、BA(Bachelor of  Arts)、理系の専攻学科卒者はBS(Bachelor of Science) のタイトルで表記されます。アメリカの大学は、入学時に専攻学科を決める必要は敢えてなく、一般教養課程を受けている2年間にゆっくりと決めればよいので、高校を出た時に専攻を決められなくても、焦ることはありません。これは留学生に対しても同様に適用されます。但し、編入生ならば専攻学科を出願時に選ばないとなりません。

第2専攻(ダブル・メジャー)と副専攻(マイナー・メジャー)

アメリカの大学では「第2専攻(ダブルメジャー)」や、「副専攻(マイナー)」の制度がポピュラーです。ダブルメジャーとは、主専攻を2つ選び、マイナーは主専攻(メジャー)と副専攻(マイナー)の組み合わせとそれぞれ位置づけられ、マイナーはメジャーの補佐的学問として扱われます。卒業に必要な履修単位数が必然的に増えるため、卒業のタイミングも1学期前後はあとになります。この制度を利用する留学生は、英語の実力から大変ですが、2つのメジャーを同時に取得できたことで、卒業後の就活を通して専門職H1-Bビザの企業スポンサー探しでは、高く評価されるメリットに繋がります。

2年制から4年制への編入(トランスファー)について

アメリカでは、2年制のコミュニティ・カレッジから4年制の大学への編入がとても盛んだとお伝えしました。アメリカの学生も多く利用している編入プランですが、日本ではあまりお馴染みではありません。4年制大学を安く卒業するには、アメリカでは一般的な進学方法です。

上述のいずれのカテゴリーを経て4大を卒業できた留学生は、その後に12ヶ月間のOPT有給インターンシップを申請し、学校に行かずにアメリカ50州の都市で、見習いとして働いて収入が得られます。専攻学科に関連した分野での職種に限定され、就職先を自身で見つけることで、F-1学生ビザのままアメリカに滞在できます。

インターン就労中の留学生で長期にアメリカでその後も残って働きたい人は、専門職業のH1-Bビザ申請に切り替える際のスポンサー企業を探す際にに大学で何を専攻したかで、すぐに仕事先が見つかる人と、見つからずに諦めてインターン研修が終わったら日本に帰国する人に、大きく分かれます。

もし本気でアメリカで働きたいなら?

単なる趣味のレベルで好きに専攻を決めない事です。すぐに使える人材と評価してもらえるような専攻での資格を取得する事が、最優先事項と割り切りましょう。あるいは、始めから日本に戻る予定の留学生なら、日本の外資系企業への就活がお勧めです。上下の人間関係が複雑ではなく、職場環境もアメリカで経験した事を試しやすいからです。一方で、日本へ帰国し日本でも就職も良いですが、日本独特の協調性を求められる社会から妥協を強要されることを鬱陶しいと感じられない人向きです。今の時代は、会計学・コンピューターサイエンス・サーバーネットワーキング・ビッグデーター管理・バイオメデイカル工学・エンジニア系工学、ロボティクスなどが、アメリカでも高年収が狙えて留学生でも就活しやすく、且つビザスポンサーが見つかりやすい専攻学科となります。



4大の在籍期間約4年間~
対象・入学日高校卒業資格、又は高卒と同等の学力を持つ大検の合格者2期制の4大学なら年2回、四半期制の4大学なら年4回の入学チャンス。
語学力トイフルテストで最低70-80点以上、大学によっては80-100点アイビーリーグなら、100-115点(満点は120)
目的と成果専門的な知識を習得し、グローバルな人材を目指せる資格をゲット
年間費用学費と滞在費込で年間450~1000万円。返済不要なスカラシップ留学に応募すれば、アメリカ留学センターが年総額200-270万円で行ける4大を手配

アメリカの4年制大学のジャンルでは、州立大学、私立大学、教養課程のみのリベラルアーツ文系カレッジがあります。アイビーリーグと呼ばれている大学は、すべて東部州に立地する私立大学で、滞在費込みで年総額750-1000万前後も掛かる高額費用で知られ、レベルもトップの大学です。

 メリットデメリット
州立大学・ 豊富な専攻選択ができる
・ 設備などが大規模で充実
・ 超有名校に並ぶトップスクール有り
・ 比較的大人数クラス
・ 留学生へのサポートが少ない
・ 研究を重視する傾向が強い
・ 地元州民の2倍近い留学生費用
・ 学生総数は6000-55,000名前後
私立大学・ クラスの少人数制(平均20名以下)
・ 教授との直接アクセスが多く有る
・ 留学生へのケアが充実
・ 学費が高い傾向にある
・ 入学基準が高め
・ 学生総数は1000-6000名前後
アイビーリーグ・ 世界中に同窓生のネットワーク
・ トップレベルのカリキュラム
・ 有名な教授陣の指導体制
・ 就職の初任給も高額設定
・ 学費が高額過ぎる
・ 入学基準が高すぎる(英語トイフル110以上、満点は120)
・ レベルが非常に高い
リベラルアーツカレッジ・ 少人数制
・ 留学生へのケアが充実
・ 幅広い分野を浅く広く学ぶ
・ 卒業後有名大学院への進学率が高い
・ 一般教養を身に付けるのが最優先
・ 学費が高い傾向にある
・ 実践的(実務的)ではない
・ 東部州の田舎に多い
・ 学生総数は500-4000名前後
アメリカの大学のリストを見る