アメリカ留学の費用について

日本の大学と比べ「アメリカ留学は高い!と思われている方も多いと思いますが、スカラシップを活用すれば、日本の大学に行くのとあまり違わない費用で、アメリカの4大正規留学が実現できます。スカラシップ奨学金留学への申請により、米国の大学を卒業するまでに総額300-800万前後の留学費用が節約できるご案内も、アメリカ留学センターでは合わせて実施しております。留学にかかる費用は、それぞれ「留学の目的」「留学する期間」によっても大きく上下します。また、学校ごとに学費の格差もある為、ある程度のご予算の上限や目的、入学可能な期間を決められたうえで、留学のスペシャリストに相談する事で、一人一人にあった留学プランが組みやすくなります。高額な費用がかかる学校が、必ずしも高いレベルとはかぎりません。クラスの人数が少ないほど、費用が高くなるのが一般的は目安です。

アメリカへの留学費用は大きく分けると下記の4つの費用から成り立っています。 1. 年学費 2. 滞在費 3. 生活関連の雑費 4. そのたです。

費用のことを心配して留学に二の足を踏む人は多いかもしれません。費用を抑えて、自分の希望にあった留学先を見つけることは可能です。どのくらいの予算であれば、どのような選択肢があるのか?具体的な目安を知ることで、留学の方向性や計画を立てやすくなり、自分の希望に合った留学先を探しやすくなります。

アメリカ留学にかかる4つの費用


1)年学費(授業料・プログラム費・教材・英語補習費・留学生費用・施設使用ラボ費・緊急予備費)

中学高校か?大学か?の学校カテゴリーによっても、費用の名称はかなり異なります。郊外地にある学校が都市部の学校より安いとは決して限りません。郊外に広大な敷地を有する東部州に立地するボーディングスクールと呼ばれるな中高の寮制スクールの平均価格帯は、年600万円を越えるものが多く存在します。また、私立大学や美大アートカレッジともなると、それ以上の高額な大学も存在しております。結論は、田舎・都市部に限らず運営組織が公立か私立かによって費用の格差が生じます。公立の州立大学は、州政府からの助成金の税金と学生が払う費用で運営されています。留学生が歓迎される理由は、州在住のアメリカン学生よりも2倍ちかい費用を払ってくれるゲストだからです。

一方、私立大学では政府からの支援は基本的に無く、学生が払う費用の収入で足りない分を、卒業生からの寄付、大企業との産学提携研究の名目で寄せられる大口寄付の支援などで支えられています。学費の高い安いや知名度からだけではなく、自身の目的・ライフスタイル・無理せずに賄えるご予算内に見合った学校を選ぶことが、何より重要です。年200万円台300万円以下から入学できる中学・高校・大学も、長年の経験と各学校との太いパイプを持つアメリカ留学センターが手配出来る強みです。

2)滞在費(食事込みのハウジング関連)

アメリカ留学の滞在プランには下記の選択オプションがあります。

1.キャンパス内にある学生寮(個室・相部屋)→若い年齢の学生が多い

2.キャンパス内にあるアパート式のレジデンス→年長の学生や家族連れの既婚学生向き

3.  大学周辺のオフキャンパス民間アパートをルームメイトと賃貸契約(家具無しが基本) 

3)生活関連の雑費(こずかい・通学生対象のランチマネーと通学時の交通費・娯楽費、雑費)

中高の留学ではキャンパス内に滞在する寮生、またはホームステイ宅先から市バス通学となる全日制通学生の2通りが考えられます。通学生のランチは、ホスト家族持たせてくれる場合と、学校のダイニングホールで自費で購入する方法があります。また大学でのミールプランはオプションで、週10/14/21食からの選択もあれば、或いは自炊生活で学食を始めから申し込まない学生もいます。アパートに住むと広いスペースが取れるため、長期に同じ大学にとどまる人にはお勧めですが、日常の生活備品を現地でそろえる必要があります。


4)その他(航空券、留学生対象の海外傷害包括保険料、ビザ申請時の関連費用など)

大半の大学では、独自に販売する健康保険がありますが、アメリカの中学・高校では学校が販売する健康保険への強制加入を義務付けるケースと、日本で渡米前に加入する包括保険を認める学校の2通りが予想されます。基本的には、保険が強制加入でなければ、アメリカ留学センターでは補償枠の広さと、免責範囲が大きい留学生対象の海外包括保険への加入をお勧めしています。また、アメリカの学生ビザ申請で、領事館と関連機関に納付する費用で、約7万円前後が別途かかります。学生ビザの申請準備には、渡米前の少なくとも2ヶ月間以上が必要です。