ウイリアムペン大学 (アイオワ)

William Penn University (Iowa)

創立年: 1873年
学校: 4大(私立)
敷地:東京ドーム3.5個分
宗教:クエーカー
評価:C

滞在 : 寮(敷地内、収容制限あり)周辺アパート
生徒数 : 1,100人(留学生4%, 40名)
場所: アイオワ州オスカルーサ市  アメリカの地図を見る
価格帯 : $33,000
合格率: 58%
GPA: 2.91
英語力: iBT 61点
SAT: 980

スクールの特徴

ウィリアムペン大学(William Penn University)は、1873年に創立された歴史ある学校です。当校では、「誇り」「精進」「伝統」を大切にする教育方針を元に、地域社会に貢献できる人材育成に力を注いでます。ウィリアムペン大学の名前の由来は、17世紀のクエーカー教徒の代表者名から来ています。クエーカーとは、キリスト教プロテスタントの一派で、あらゆる差別を否定し社会活動に熱心で、男女平等に関しては先駆的存在の宗派です。全ての人が、宗教、人種、年齢、性別などにとらわれることなく、公平かつ平等に教育を行うという精神がモットーとされています。
大学としては約1,000名と小規模ですが、40エーカーの広大な敷地には、4つのキャンパスがあり、コンピューター設備や図書館、様々なパフォーマンスが開催されるホール、運動場、学生寮などが併設されています。

また、当校の特徴は、社会のリーダーシップを育むという理念に基ずくリベラルアーツ志向に重点をおき、幅広い分野にわたる多種多様な学部を提供しています。コンピューターサイエンス、エンジニア、工学テクノロジー、環境学など、地場産業に繁栄する学部も、お勧めの学部です。また、近年学生に人気の情報産業やコンピューター分野にも強いと評価されています。最新技術を駆使した設備と充実したカリキュラムの活用で、意義ある留学生活が期待できそうです。

学校のハイライト

スクール周辺環境

ウィリアムペン大学(William Penn University)は、アメリカの南西部に位置する安全で、平和な街、アイオワ州オスカルーサにキャンパスがああります。農産業が非常に盛んな地域として知られ、アイオワを代表する田園都市のひとつです。歴史を感じさせる風情のある町並みを有し、湖や河川に周囲を囲まれているだけでなく、冬にはスキーも楽しめます。また、隣接するイリノイ州のシカゴやミネソンタ州ミネアポリスからは飛行機で約45分程のアクセスです。オスカルーサ市は、1800年初頭に小さなコミュニティーから始まった町で、最近では人口も急増し、現在約12,000人の町にまで成長しています。フレンドリーな気質と人懐っこさで、留学生にとってはとても生活しやすい生活環境で物価も安いのが魅力です。
車で1時間の所にアイオワ州都のデモイン市があり、ここは州内で最大の都市です。日本人にはあまり馴染みのない市ですが、いろんな魅力を持つ観光に最適な街でもあり、1843年に建てられたデモイン砦から成る旧市街地などの見所も多く、アメリカ中西部のユニークさが体験できます。晴れた日にはデモイン川沿いにあるプリンシパル・リバーウォークという遊歩道をゆっくり散歩しながら、落ち着いた町を眺めながら素敵な生活を送ることができます。

スクール専攻・学科(学士号)

学士号の専攻は全部で65種類。 奨学金申請の規模者→ARC独自のスカラシップネットワークから申請必須、学部は下記参照

  • Applied Technology
  • Business Administration
  • Education
  • Health & Life Sciences
  • Humanities
  • Nursing
  • Social & Behavioral Sciences

ウィリアムペン私立大学の学部・専攻一覧