Gunston School(Maryland)

私立(プライベート)

創立年 : 1911年
学年 : 9-12年生 (中3-高3)
宗教 : なし
敷地:35エーカー(東京ドーム3個分)

種類 : 共学
滞在 : ホームステイ
生徒数 : 205人(留学生10%)
場所 : メリーランド州センタービル市  アメリカの地図を見る
価格帯 : 450万
夏クラス : あり


英語力:英語補習あり(ESL 3レベル)

ガンストンスクールでは、英語クラスをEnglish as a Second Language Class (ESOL)と呼びます。英語力が満たない学生は、ESOLから英語の勉強をした後に、アカデミッククラスの受講となります。

スクールの特徴

ガンストンスクールでは、向学心にあふれ、フェアプレー精神を重んじ、リスクを冒すことを恐れない、そんな若者を応援。地域社会の一員でもある本校生徒の可能性を最大限に伸ばすため、教職員一同は懸命の努力を続けている。生徒と教師の関係が実に良好なのも当然です。

ガンストン スクールは1911年にメリーランド州に設立された大学進学準備校です。キャンパスはコーシカ川に面しており、32エーカーを有しています。一学年の生徒数は約40人で小規模高校で先生と生徒の距離が近く先生からの注意を十分に受けることが出来ます。キャンパス内は自然が沢山あり静かで勉強に集中できる環境です。また、水辺に面しているので水上アクティビティーに参加することも可能です

。スポーツチームへの参加からリーダーシップスキルを得ることが出来るという学校の方針で生徒は何かしらのスポーツチームへの参加をしなければいけません。芸術・音楽プログラムに加え、湾研究プログラムがというユニークで特別なプログラムがあり、チェサピーク湾のエコロジーや将来について勉強するプログラムです。寮は無く留学生はホストファミリーと過ごします。ホストファミリーの中にはガンストンスクールの教員だったり、生徒ということもあるようです。ホストファミリーになるためには学校のプログラムディレクターによる身辺調査やトレーニングが行われているので厳選されたファミリーのみ留学生を預かっています。当校はこれまでにスペイン、ドイツ、オランダ、韓国、日本、ブラジル、ベトナム、中国などから留学生を受け入れてきました。当校で学んだ沢山の留学生はTOEFLで100以上のスコアを得ています。そしてアメリカでトップレベルの大学への進学を可能にしています。

ホームスティ

ホストファミリーから通学となります。典型的なアメリカンファミリーでアメリカ生活が出来ます。

スクール周辺環境

ガンストンデイスクールはアナポリス郊外に位置し、ボルティモア、フィラデルフィア、ニューヨークといった大都市へもわずか数時間という利便性。空港まで1時間以内でアクセスできるので便利。学校周辺にはお店などなく、静かで自然に囲まれている。また、コーシカ川に面しているので放課後にヨットなどの水上アクティビティーも楽しめる。冬は冷え込み、雪が平均で50センチ積もることがある。夏の平均気温はおおよそ30度で、蒸し暑い。

ハイライト

イメージカラーはグリーン。生徒7:教師1の少人数制。チュートリアル制度を導入しており、生徒が学習しやすい環境を目指しています。留学生の受け入れも積極的に行っています。最寄りの街では都市に比べると物価がリーゾナブルな街であり、住みやすい町といわれいます。大自然に囲まれて治安のいい地域に学校があります。湖と校舎は窓がたくさんあるデザインの校舎でお洒落です。湖と森林に囲まれたキャンパス内で伸び伸びと学ぶ事が出来ます。

スポーツ・アクティビティ

秋冬春の学期単位で楽しめるスポーツ

Related posts