Saddleback Valley Christian Schools(California)

私立(プライベート)

創立年 : 1998年
学年 : 7-12年生 (中1-高3)
宗教 : クリスチャン
敷地:22エーカー(東京ドーム2個分)

種類 : 共学
滞在 : ホームステイ
生徒数 : 800人(留学生10%)
場所 : カリフォルニア州アーバイン市  アメリカの地図を見る
価格帯 : 450万
夏クラス : あり


英語力:英語補習あり(ESL 3レベル)

スクールの特徴

サドルバック クリスチャン バーレー スクール(通称SCVS)は、ロサンゼルスから110キロ南下した白人富裕層の住宅地域に創設された大学受験進学プレップスクールで、幼稚部・小学・中学・高校までの私立一貫校です。モダンな新築校舎は施設も充実しています。誰もが高いアカデミックレベルを目指せる放課後の懇切丁寧な留学生支援サポートが自慢です。

昼間の英語補習(ESL)以外に放課後(2:30PM-5:30PM), 3〜5名の生徒に専従教師が密着した徹底指導で毎日の宿題を下校前に終わらせ、ホストファミリー家族とできるだけ一緒の時間が過ごせる配慮のサポートシステムが素晴らしいです。留学生全員を四年制大学に入学させるのが学校の教育方針で、アカデミックレベルは新設校にしてはかなり高いので、のんびりゆったり過ごしたい人には向きません。

創設年数が新しいサドルバック クリスチャンスクールは、毎年、その施設を拡大し続け生徒数もここ数年間で、飛躍的な増えています。周辺にも中学・高校が3-4ヶ所見られ、理想的な学習環境です。中級レベルの留学生を積極的に受け入れており、アメリカの四年制大学に責任持って入学させる事に情熱を持って、教師陣が指導に当たっています。英語が出来なくても、放課後のアフターケアー(別費用)受講生になれば、良い成績がとれるようになるまで個別指導が得られ、週末なども学校主催の課外ツアーに無料参加が可能です。

マンモス校では期待出来ない極細かい配慮を最優先に提供します。未開発の広大な敷地を有し、将来は専用の学校寮建設が予定されている発展性が高い注目すべき私立校。主要ビルに全ての施設が集約され、他にテニスコート、室内体育館など有り。放課後の課外活動以外にチアリーダーも女生徒には人気が高い。モダンな教室は清潔で新しく築10年未満で広々としているが、贅沢さは感じられず開放感が特色と言えそう。

学生寮

相部屋が主流です。寮長も在籍をし、生徒の安全を確保しています。

スクール周辺環境

サドルバック クリスチャンスクールは、ロスより100キロ離れた隣のオレンジ郡サンホアンカピストラーノ市に立地しています。隣接するアーバイン市と並び最も治安が良い白人地区都市として、安全な全米都市ランキングで常時上位を占める程の人気度で、優れた安全性がセールスポイントです。

【サドルバック】とは馬の鞍の意味、サドルバック クリスチャン スクールの真向かいが乗馬クラブ、この周辺は大邸宅が並ぶ住宅街が広がり、ヒルサイドで乗馬を楽しむ住民も多い。隣りの16キロ離れたアーバイン市には車で20分、多くの日系企業や日系マーケットやレストランの進出が目覚しい地区で、日本と馴染みが深い生活環境下で快適な生活が楽しめそう。

サンホアンカピストラーノ市は道幅も広く整備され、新しい家屋が立ち並ぶ開発地区で、その周辺地区のホームステイ宅からの通学手段は、バス路線が少ない事から、ホストファミリーが送迎サービスを提供する事が多いです。ホスト宅はアメリカンライフを象徴する大きな邸宅が多いのが自慢。ロサンゼルスの狭苦しい都市部よりも、質の良い生活がエンジョイ出来ます。積雪はなく、最も寒い冬でも摂氏8℃程度とまり太平洋の海際には車で10分前後で行けます。

ハイライト

白人が85%の学校です。ブルーと白を基調にした制服のドレスコードがあります。伝統的なアメリカのクリスチャンスクールです。スポーツ面でも施設も充実しており、レベルが高いです。進学率も高く、典型的なアメリカンハイスクール気分を味わえます。

スポーツ・アクティビティ

秋冬春の学期単位で楽しめるスポーツ

Related posts