St. Johnsbury Academy(Vermont)

私立(プライベート)

創立年 : 1842年
学年 : 9-12年生 (中3-高3+PG)
宗教 : なし
敷地:50エーカー(東京ドーム4個分)

種類 : 共学
滞在 : 寮(敷地内)
生徒数 : 971人(留学生20%)
場所 : バーモント州ジョンズベリー市  アメリカの地図を見る
価格帯 : 600万
夏クラス : あり


英語力:英語補習あり(ESL 3レベル)

通常のESLだけではなく、レベルが上がってくると大学進学の為の英語クラスとなり、大学進学への準備にもつながる学習カリキュラムを提供しています。

スクールの特徴

始業時期は毎年8月下旬、翌年6月初旬が学年度末にあたる 2学期制スクールです。1学期は18週間、休みは春・夏・冬休みの他、11月末には他校と同じように感謝祭休暇あります。クラスの平均人数は約13-15人。学生一人一人に注意が向けられ、きめ細やかな授業が受けられます。成績報告は毎学期終了時に米国内のガーディアン宛に郵送します。各学生に担当アドバイザーが付き、定期的に進路相談あります。学習センターや夕方の自習時間には、昼間の授業で補えない部分の個別指導がなされ、授業についていけないといった不安解消に役立ちます。一学期中に受講する一科目の履修単位は1クレジットとカウントされ、卒業に必須な履修単位合計は26クレジット。留学生対象のESL英語補習クラスは3レベルの設定で、どの英語力レベルの留学生にも対応可能な嬉しいサポートが大きな安心です。100コース以上のプログラムが提供されており、充実した選択履修科目の豊富さが自慢です。

当校は1842年、バーモント州に設立され、創立170年を超える伝統を誇ります。9~12年生対象の共学校で、全日・寮制を組み合わせた大学準備プレップ進学校。全校学生数900名、その内寮生200名、通学生700名、米国では大規模な私立校です。男子60%、女子40%の比率、留学生は100名で寮生の半分がアメリカン学生、約8名前後の日本人学生が常時在学している人気校の一つです。

生徒は一年を通じ何かしらのクラブ活動に参加義務があり、秋はサッカー、冬は演劇というように様々なクラブ活動が体験できます。チェス、アート、野球、バスケ、フットボール、ラクロス、サッカー、レスリング、ソフトボール、フィールドホッケー、クロスカントリー、テニス、体操、陸上、スキー、スノボー、ゴルフ、ハイキング、カヌー、乗馬、マウンテンクライミング、キャンプ等。スポーツに興味がない人も選べる文化部の活動も多数あります。

寮生の半分は留学生で30ヶ国からの出身で国際色豊かです。寮では公私共に同じ時間を過ごすため、友達造りが簡単です。寮生と職員の比率は6:1、寮生活で問題が生じた場合も、すぐにスタッフに報告し相談できる体制、保健医務室には看護が常勤しており、救急センターも学校近くなので緊急事態への対策がしっかりとられています。スポーツと勉学の両方を満喫されたい活動的な方に特にお勧めです。

著名人
カルヴィン・クーリッジ(第30代アメリカ合衆国大統領)

学生寮

25%が寮生で、そのうち18%が寮生です。男女別で寮に滞在しています。
ホームスティも選べます。学校と郊外の街からの通学スタイルとなります。様々な寮生のイベントがあり、定評があります。生徒達が安全に寮生活が出来るように、寮長が在住していて、セキュリティーはしっかりしています。

スクール周辺環境

周辺地域はバーモント州で一番のメープルシロップ産地としても知られ、秋の見事な紅葉と冬の美しい雪景色はニューイングランド地方の観光スポットです。ニューヨーク市に330マイル(560 キロ)、ボストンから180マイル(300 キロ)北上した人口約8000人のジョーンズベリーという山と自然に囲まれた治安抜群の立地に、キャンパスが位置しています。四季折々のアクティビティーを思う存分楽しめるのは、都会で育ったお子様には自然と触れ合う魅力が満載し、あらゆるスポーツ競技を年間楽しめます。

ハイライト

生徒8:教師1の比率で、徹底した少人数制クラスです。とても個性的な綺麗な校舎です。東部の伝統的な学校です。学習障害のある生徒の受け入れも積極的に行っています。高い教育レベルを提供する学校で、特にアート系の教育には力を入れています。ほとんどの生徒が、有名な大学へ進学していきます。250のカリキュラムで、学生への個別指導を徹底しており、スポーツ分野でも積極的で、19以上のレベルの高いスポーツチームがたくさんあります。

スポーツ・アクティビティ

秋冬春の学期単位で楽しめるスポーツ

Related posts