ハイブリット留学とは?

アメリカの新しいハイブリット留学について説明します

現在コロナの影響で、アメリカへ留学出来ないと思っておられる留学予定の方も多くおられるでしょう。しかしながらアメリカへ留学は引き続き現在も可能となっているのでご安心ください。

100%のオンライン学習しか提供していない英語校・大学・専門校を除いて、大半の学校では平常通りにプログラムが提供されております。オンライン学習だけですと留学生が新規に海外からアメリカに入国ができないのをご存知ですか?そこで最近の新しい傾向から考案されたのが「ハイブリット学習」なのです。米国の移民局が留学生の受け入れ対策で認めた為に、普及が盛んになり始めています。※州により授業形態は異なります。

ハイブリット学習とは、アメリカ人の学生・留学生すべての学生が対象です。コロナ渦対策として「対面授業」と「オンライン授業」をミックスさせて行われる授業形態を意味しています。ガソリンと水素くを交互に起動させて車を動かすハイブリッドカーになぞらえた名称と考えれば、わかりやすいですね。

対面授業とは通常の授業形態を指し、教室で生徒を集めて教師が授業を実施します。一方、オンライン授業では、WebのZoomアプリ機能などを利用して、インターネットの画面を通して、教師が学生達へ授業風景を、ライブで発信するもので、世界中からアクセスが可能です。オンライン学習サイトで、学生達がディスカッションや、教師に自由に質問もできます。日本でもオンライン学習が最近話題になりつつありますが、自分から積極的に質問したりする人が少ないせいか、その普及には今一つ、まだブレーキがかかっているようです。

コロナ渦への対策から、オンライン授業だけだと抵抗があり、何となく物足りなさも残るのは確かですが、ハイブリット学習ならちょっと安心ですね。アメリカの授業は、対面授業でもレポートの提出、プレゼンテーションの準備、テストやクイズの課題対策など自発的な参加が主流となるため、フルタイムのオンライン授業だけでも、アメリカでは十分成果が期待できると判断されております。

これはまさにこれからの緊急時に対応する新しい留学の形になるかもしれません。コロナ渦で気落ちしないで、アメリカ留学を楽しみましょう!マスク着用をわすれないでね!