Maine Central Institute(Maine)

私立(プライベート)

創立年 : 1866年
学年 : 9-12年生 (中3-高3)
宗教 : なし
敷地:23エーカー(東京ドーム2個分)

種類 : 共学
滞在 : 寮(敷地内)
生徒数 : 360人(留学生15%)
場所 : メイン州ポートランド市  アメリカの地図を見る
価格帯 : 550万
夏クラス : あり


英語力:英語補習あり(ESL 3レベル)
英語初心者から上級者のクラスがあります。

スクールの特徴

メイン セントラル インスティチュート(Maine Central Institute)は、1866年に創立された、大学進学校です。個人のニーズや目的重視に適した教育を行っています。少数制クラス制度を取っており、教員と生徒の距離も近くて親しいことが、生徒の学力意欲の向上に繋がります。大学進学校で、98%が4年制大学に進学し、卒業生の中にはハーバード大学やバークレー大学、プリンストン大学等の有名大学への合格者もいます。大学進学の準備プロセスは、10年生(高1)からスタートし、将来の夢に向けてしっかり勉学設計を立てながら、高校生活を通じて実現に向けて励みます。高校卒業に必要な必須科目は英語、数学、社会学、体育、芸術、人間学、コンピューターなどです。

留学生の受け入れも積極的に行っており、ESL(留学生向け英語補習)では、読み書き・文法・TOEFL対策・スピーキング以外にも科学・歴史・数学・人文学等などのアカデミックコース+ESLを組み込んだ多様なクラスが用意されており、英語にまだ自信がない留学生も英語の授業以外からも英語を学ぶ機会を得られます。ネイティブ同様のアカデミックな学習スキルを早期に習得出来るよう留学生達の成長を後押しできます。上級クラスでは数学と歴史の授業の為の専門用語なども学習します。

当校は、次世代へ繋がる人材を育てる為、ITを積極的取り入れています。生徒全員にiPadが支給され、宿題の提出や校内ニュース確認、出席率・成績案内など、常に各自確認することができます。授業でもテクノロジーを駆使する授業内容がここでは一般的です。授業選択も100以上のアカデミックのコースが準備され、専属アドバイザー教師が各生徒の時間割りの相談にのります。4年間の高校生活を通じて英語力を向上させ、より良い大学進学を目指すことができるのがこの学校の特徴です。成績優秀な学生には、大学の履修単位を取得出来るAPコースもあります。

学生寮

30%寮生、内18%が留学生です。キャンパス内に男子寮、女子寮と分かれており、各寮にはレクレーション室、洗濯室があります。お菓子の自動販売機の設置、書店、郵便局、レクレーションルームもあります。週末、放課後、休暇中にホストファミリーと過ごす特別なプログラムも設けてあります。寮生は日曜と火曜の7時から8時半まで自習室での勉強が義務付けられています。週末は、学校の主催する旅行、スポーツ大会へ参加することも可能です。

スクール周辺環境

メイン セントラル インスティチュート(Maine Central Institute)は、メイン州ピッツフィールドと呼ばれる人口 約5000人の小さなローカルタウンの平和で静かな街にあります。最寄りの空港はバンゴアー空港で、学校までは 35マイル(60キロ)車で約45分程の距離です。ポートランド空港からは、約90分です。学校周辺には全寮制スクールがたくさんあり、とても治安の良い街です。寒い土地ですが、四季にも恵まれており、冬にはウィンタースポーツも満喫することができます。メイン州はカナダの国境と接しており、数時間ドライブするとカナダです。日本からの空路は、シカゴ・デトロイド・ニューヨーク経由での乗り継ぎ便となります。

ハイライト

生徒8:教師1の少人数制です。生徒と先生の距離が近く、勉強がしやすい環境です。アート分野が有名で、芸術への進学率も高く、スポーツはバスケットボールチームが有名です。大学進学に向けたAPクラスも取得可能です。進学率も高い進学校です。校舎はしっかりとした作りで、校内の庭がとても広く景色が美しいです。英語初心者でもESLがあるので安心して英語を学べます。

スポーツ・アクティビティ

秋冬春の学期単位で楽しめるスポーツ


 


Related posts