未来に繋がる中学・高校生アメリカ留学

国や地域、多様性のある文化と生活環境のもと、次世代を引き継ぐ世界に通用するビジネスリーダーの育成が、長期にわたる正規アメリカ中学高校留学が目指す基本理念です。 日本での生活環境や思想・価値観・伝統が大きく異なるアメリカ社会にて、中学・高校で学ぶことは、将来、今まで見過ごしてきた日本の良さを再認識できる道筋にも繋がり、また、グローバルリーダーを目指せる事が幼少期の留学の第一歩となります。

価値観や生活習慣がまったく異なる仲間達と共に学び、共に遊び・共に生活する実体験こそが、日本で望んでも得られない中高留学の魅力そのものです。それは単に英語を学ぶテクニックだけに終わらせずに、自身の人生への視野をもっと限りなく大きく拡げるドアを開けるビッグチャンスにも繋がります。



中学・高校留学は、一生に一度の貴重な体験です。中学卒業と同時に海外の高校へ留学し、そのまま高校を卒業する方もいれば、日本の高校へ入学後に休学して数週間から数カ月の短期留学をされる方など、留学のスタイルはいろいろあります。若い時期に留学を経験する事で、自分で考え、自分で行動できる自意識が高まり、自立への第一歩のきっかけとなります。また、文化の違いを学べる事で、感受性がより豊かになり、まわりの人と自分の考えや感じ方がたとえ違っていても気にせずに、自分の意見が言えるようになります。

親の駐在で海外滞在していた帰国子女や、私費留学で海外の高校を卒業された場合は、日本で知名度がある大学に比較的楽に合格しやすいと言われています。日本の大半の大学は、少子化のため、海外の高校卒業者をグローバル化促進をアピールして歓迎しており、英語授業を主体とした比較文化系の学科を持つ私立大学が急増しています。但し、アメリカの高校を卒業する留学生達の90%以上は、そのままはアメリカの大学進級を希望されています。その理由はとても簡単です。アメリカの大学が提供するカリキュラムの豊富さが大きな魅力です。

アメリカの中学・高校について

アメリカには公立校(パブリックスクール)と私立校(プライベートスクール)があります。留学生がパブリックと呼ばれる公立校へ入学するには、最長1年間の「交換留学」制度を利用し、交流J-1ビザと呼ばれる期間限定の文化交流研修プログラムへの参加が必要です。その同じ公立校に残って2年目に進級または卒業することは許可されず、翌年6月中旬には日本への帰国が必須です。一方、私立校では、留学生を積極的に複数年受け入れています。中学・高校の呼称も下記リストで明示されているように日本とは異なります。よって日本で言うハイスクールは、アメリカでのセカンダリースクール4年制の3年間分だけと重複しているため、「アメリカの高校」とひとくくりにはできません。渡米する留学の時期は、各ご家庭の教育方針が基本ですが、中3年からの渡米が理想的です。また、渡米時期が早ければ早いほど、英語スキルの上達で米国のトップレベルの大学進学チャンスもアップしていきます。

アメリカ日本満年齢アメリカでの呼称日本での呼称
6年生小学6年生11~12歳Middle School(ミドルスクール)小学校
7年生中学1年生12~13歳中学校
8年生中学2年生13~14歳
9年生中学3年生14~15歳Secondary School(セカンダリースクール)
10年生高校1年生15~16歳高校
11年生高校2年生16~17歳
12年生高校3年生17~18歳

学校のカリキュラム内容について

日本の高校の勉強は「授業を聞く、黒板に書かれた事を書き写す」という傾向が多く、先生の授業をしっかり聞き、ポイントを抑え、大事な所はしっかり覚えてテストに臨むという学習スタイルです。また、履修科目も始めから学年ごとにほとんど決められているため、選択できる授業は美術・書道・習字・ダンス(学校による)・パソコンなど、数えるしかありません。

一方、アメリカの中学・高校では、履修科目も含めて自由に選択できるクラスが沢山用意されています。よって、同じ学年の生徒間でも、各自の時間割が当然異なり、自分の日程に合ったスケジュールが組めるのです。それだけ選択科目が多く、とりわけボーディング プレップスクールと呼ばれる寮を持つ大学進学準備校ともなると、100近いコースが提供されている所も、多く存在しています。教師の60-70%以上は、修士号・又は博士号を持つ専門的に学んだ人達で構成されています。

アメリカの私立校のクラス平均人数は、6~16名の少人数制、発表や討論・プレゼンが中心です。授業中、生徒は頻繁に発言を求められ、生徒も好きに手をあげてどんどん発言をします。発言して話し合う事が授業では大事で、自分がどれだけ発言したかも、学習の取り組み方の評価になります。また、最近アイパッド(iPad)を生徒全員に配布する学校が増えており、ノートパソコンを机に置きながらの授業風景は、私立校だけに限らず、公立校でさえも急速な普及度で、ITスキル無しでは考えられないアメリカのキャンパスライフです。

アメリカの部活動は、選択できるスポーツ競技が季節ごとに変わり、同じ種目を何年も毎年ずーっとやる生徒はいません。日本の野球部、バスケ部などの強化合宿で、週末も練習に明け暮れる生活は不健康だとみなされて、ほとんど見受けられません。スポーツは放課後のアクティビティーなので、卒業履修単位にはカウントされないのも、日本のシステムとは異なります。

部活動は勉学との両立させる事が大切とされ指導される為、放課後の毎日2時間を汗を流してチームプレイに励むことで、基本的な、仲間意識やルールを守るといった事を学びます。

入学時期 夏休みについて

中学・高校留学では、州によりバラつきはありますが、大半が8月中旬から9月初旬に秋の新学期がスタートし、高校卒業までに3〜4年かかります。日本の中学3年生がアメリカでの9年生にあたり、4年間掛けてアメリカの高校課程を修了するのが一般的です。また、アメリカ市民なら、誰もが高校を卒業するまで政府が公立校の費用をすべて負担しますが、日本の文科省では中学3年までが、義務教育に過ぎません。日本の中学・高校の年間在籍日数が220〜230日に対し、アメリカではたった180日と極端に短く、アメリカの夏休みは6月から約3ヶ月間と長くて、しかも宿題は殆どありません。この長い休暇の全てを日本で過ごされていると、英語の学力が低下し、新学期の秋で再渡米する頃に、授業について行くのがしんどくなるケースも見受けられます。留学初年度の夏休みは、できるだけ英語を忘れさせない配慮が求められます。アメリカ留学センターでは、長期の夏休みを利用して、アメリカ・英国・スイスで開催されるて英語研修、ジュニアサマーキャンプ、ジュニアサマースクールのご紹介をしています。

入学の期間2年以上が理想的、トップレベルの大学進学を狙うなら5年間
入学の時期秋学期の8-9月または、春学期の1月上旬の年2回のスタート
英語レベル一般的な日本の中学・高校レベルの英語力だけでOK。留学生対象の英語ESL補習コース併設校を優先にご紹介。英語ができない不安はゼロ。英語不問の受け入れ校も多い。
目的と成果海外の教育課程を卒業後、日本と海外で仕事したい志向者に最適。英語が流暢に話せるだけでトクする事が無制限にあります。返済義務のないスカラシップを大学から授与され、大学の4年間に300-850万も節約できる弊社の奨学金留学に応募も可能です。
費用中学・高校の年総額は滞在込みで250-800万と多様な選択肢。カリキュラムの多さ・APコースの充実度では世界で一番。

アメリカの大学進学について

アメリカの大学へ進学する場合、大学だけでも3600校を越えています。また、大学間同士での転校も非常に盛んです。日本では入学前に専門の学部を選択しないとなりませんが、アメリカではその必要がなく、オプションです。大学に入学してから専攻を決められ、専攻学科の変更もできます。例えば高校卒業時に、自分の進路をまだ決められなくても、大学に入ってゆっくり自分にあった専攻を2年間かけて探せます。アメリカで受ける大学の授業も、中高留学で培った英語力があるなら、困る事はないでしょう。日本の大学かアメリカの大学かでもし進学に迷ったなら、日米、両方の大学を同時に受験することをお勧めしています。米国の中学高校留学では「将来の大学を選ぶ選択肢を広げる」ことに重点が置かれるため、進路を相談する際にも選べる幅ができ、自分のやりたいことをじっくり考えるゆとりが与えられるのが大きな利点です。

成功させる中学・高校留学とは

異文化のもとで教育課程を修了するには、自身の旺盛な好奇心と努力がもちろん求められます。英語のハンデが取れるまでに、最低2学年度を要します。大学進学準備プレップスクールでは、3年間の英語補習を毎年義務付けるケースが多く見受けられる為、英語スキルの上達の早さは、英語にどっぷりと浸る生活時間の長さに正比例します。初年度の留学では、始めの1年間は我慢して日本に戻らない覚悟を持たれると、そのあと「成功する留学」の実現がたやすくなります。冬休み・春休みの度に頻繁にアメリカから呼び戻される保護者様がおられますが、自身の英語スキルアップにブレーキをかけがちなので、初年度はあまりお勧めしません。

中高留学に最も大切なことは、自分自身の言葉で考え、それを実行して持続させる力を身に付けることです。

中学 高校の学校のリストを見る