日本には無い米国独特の受験システムのひとつに、Early Admission(通称EA)とEarly Decision(通称ED)いうプログラムがあります。アメリカの大学の70%が採用している制度で、このプログラムは、厳しい出願資格があり優秀な成績(高いGPA数値)、課外活動の成果が優秀である事など、留学生の場合は、高いトーフルテストの点数を参考に合否が決まります。もし不合格でも、一般入試の締め切りにはまだ間に合うため、他の大学も含めて同じ大学に再受験ができます。

Early Admission(通称EA)とEarly Decision(通称ED)について

Early Admission(通称EA)とEarly Decision(通称ED)、どのようなを出願資格を採用するかは大学により異なり、また、EAとEDは、締切も結果も早い点は同じですが、EDは、合格したら必ず入学するという条件が付きます。Early Decision(通称ED)での出願は、学費が払える事を前提で出願しなけらばいけません。必ず入学するED学生に、大学が高額な奨学金の提示をするとは考えにくいからです。

 
EDで出願する最大のメリットは、アドミッションで確実に有利になるので、アイビーリーグや難関校の合格率が低い大学でも、EDで出願すると合格率が上がる点です。アイビーリーグや難関校の一般合格率が7・9%に対して、Early Decision(通称ED)合格率は31%となるので、難関校を目指す場合は、Early Decision(通称ED)で、出願するいいでしょう。

1)アーリー・ディシジョン(Early dicision)

合格したら入学を辞退する事はできません。他の大学での一般入試も許可されていますが、アーリーアドミッションで大学に合格したら、一般入試の出願を取り下げなければいけません。この入学義務を破ると、他の大学への一般入試資格がなくなります。但し、奨学金を授与されても家庭の経済状況に対して不足している場合のみ入学を取り下げる事ができます。

2)アーリーアクション(Early Action)

合格しても入学を辞退する事ができます。他の大学に対して同様の出願ができます。アーリーアクションの中にある、Single Choice early actionを選ぶと他のEarly Decision(通称ED)には申し込む事はできません。

ローリングアドミッション(Rolling Admission)とは?

アメリカの大学の30%が、出願の期限を設定しないで、出願順に審査する入学方法であるローリングアドミッションを採用しています。例えばTOEFLスコアが、希望する大学の達しない場合は、何度もTOEFLのテスト受け直す事ができるので、9月の新学期間際まで諦めずにチャレンジ出来ます。しかし、ギリギリの申し込みになるので、ビザの申請、諸々の手続きを速いペースで進めなくてはいけません。