ペンシルベニア大学 (ペンシルベニア州)

University of Pennsylvania (Pennsylvania)

創立年: 1740年
学校: 4大(私立)
敷地:東京ドーム26個分
宗教:なし
評価:A+

滞在 : 寮(敷地内、収容制限あり)周辺アパート
生徒数 : 10,605人(留学生50%, 5,333名)
場所: ペンシルベニア州フィラデルフィア市  アメリカの地図を見る
価格帯 : $75,000
合格率: 8%
GPA: 3.91
英語力: iBT 100点
SAT: 1,500

スクールの特徴

アメリカ合衆国建国の父の一人として讃えられるベンジャミンフランクリンによって1740年に設立された各種ランキングで全米トップクラスにランク入りする8つの私立大学を総称で呼ばれるアイビーリーグの1校です。アメリカ全州と100の国から学生が集まっており、アイビーリーグの中で最も多文化多人種な学校として有名です。専攻学科数は学士号と修士号を合わせて300以上あり、さまざまな分野において国際的に活躍している人が教壇に立っています。

人気のある専攻分野

財政学、経済学、看護、生物

スクール周辺環境

フィラデルフィア中心地から川を挟んで電車で約15分程離れた場所に位置する都市型キャンパスです。フィラデルフィアはアメリカでも古い街のうちの一つで、ペンシルバニア州で最大の都市でもあり、人口は約150万人、全米で5番目に人口の多い都市です。人口平均年齢が比較的若く、若者の街としても有名です。また、ニューヨークまでバスや電車で1~2時間という距離です。

ハイライト

全米で初めてUniversityと名付けられた教育機関であり、学部と大学院を兼ね備えた全米初の大学です。

80以上のオリンピックメダリストを輩出しています。

経済学では、アメリカで初の黒人女性が、PhDをとっています。

36人のノーベル賞受賞者を輩出し、あのイーロンマスクが卒業した学校としても有名です。

ペンシルベニア大学のここがポイント

 クラスの人数平均が13人と少人数制のクラス

 英語補習プラグラム(ESL) がある

 留学生への奨学金を提供している

University of Pennsylvania(Pennsylvania)


創立1740年
大学属性4大(私立)
敷地東京ドーム26個分
宗教無し
評価A+(米国機関)
価格帯 $75,000~ (寮費用込み)
学生数 10,605人(留学生50%, 5,333名)
ロケーションペンシルベニア州フィラデルフィア市
学期制2学期制(年2回入学可)

スクールの特徴


アメリカ合衆国建国の父の一人として讃えられるベンジャミンフランクリンによって1740年に設立された各種ランキングで全米トップクラスにランク入りする8つの私立大学を総称で呼ばれるアイビーリーグの1校です。アメリカ全州と100の国から学生が集まっており、アイビーリーグの中で最も多文化多人種な学校として有名です。専攻学科数は学士号と修士号を合わせて300以上あり、さまざまな分野において国際的に活躍している人が教壇に立っています。

スクール周辺環境


フィラデルフィア中心地から川を挟んで電車で約15分程離れた場所に位置する都市型キャンパスです。フィラデルフィアはアメリカでも古い街のうちの一つで、ペンシルバニア州で最大の都市でもあり、人口は約150万人、全米で5番目に人口の多い都市です。人口平均年齢が比較的若く、若者の街としても有名です。また、ニューヨークまでバスや電車で1~2時間という距離です。

滞在 :寮(敷地内、収容制限あり)周辺アパート

 

  

ペンシルベニア大学への出願に、必要な条件・書類【合格率: 8%


TOEFL (120満点)100点(iBT)
SAT (1600満点)1,500
GPA(4.0満点)3.91
成績表1) 高2の学年度末の成績証明
2) 出願時期により高3の1学期末でも可
パーソナルエッセイ1) 共通願書の採用大学で入力必須の作文
2) 自己紹介で自分をアピール
補足資料1) 大学独自の指定する課題への英作文
2) 個人研究の提出(オプション)
推薦状1) 在籍校の教師・教授からのレター
2) カウンセラーのレター(オプション)
プロフィール1) 受賞歴・入賞歴・表彰歴
2) スポーツや部活動での活躍度
3) ボランティア歴・社会貢献度

人気のある専攻分野

財政学、経済学、看護、生物

出願について

SATテストは、1.SAT Reasoning TestとSAT Subject Tests 2科目(科目の選択は自由)2.ACT Plus Writing のどちらかを選択しての受験ですが、最近ではSATの提出はオプションのみとなりました。また、大半の大学では面接は不要ですが、大学キャンパスの見学を兼ねて対面での面談希望に対しては、アドミッションオフィスが適宜に対応してくれます。現地訪問で印象付けたい演出効果も、その一方で期待できるため、あらかじめ自己PRできる準備も必要でしょう。但し面接したからと言って即、受験に有利になるとは限りません。

自分のアピール度を全開するには、成績記録に加えた日ごろの活動歴が、プラス効果を発揮させます。ガリ勉を嫌う傾向が強いアメリカの大学受験では、出願者の潜在能力のポテンシャルや社会貢献度、長く続けているボランテイア活動歴などに、スポットライトが比較的当たりやすいようです。