大学進学校(プレップスクール)は、ボーディングスクールと呼ばれる全寮制学校で、学校の用意する寮に入居し、そこから学校に通います。自然豊かな環境に囲まれたキャンパス内には、図書館、食堂や体育館などがあります。ボーディングスクールは、アメリカに約300校その多くがアメリカ東部に集まり、歴史と高い進学実績を誇るTen Schoolsといわれる名門の10校のボーディングスクールもあります。

学校では一般の勉強を学び、寮では、集団生活の中で人との関わり方や、コミニケーション方法を学びます。

授業

各生徒の興味や学力レベルに応じて授業の選択ができ、大学進学校として、大学のような移動教室スタイルを採用しています。また、大学入学資格となるIB (国際バカロレア) や、高校に在籍しながら大学レベルの授業が受けられるAP (Advanced Placement) プログラムなどを提供しています。

寮では、1つの部屋をルームメイトとシェアし、勉強机とベッド、クロゼットが備え付けられています。シャワーとトイレはフロアごとに共有し、共学の場合は、男子寮と女子寮で建物が異なります。また上級生になると、1人部屋がある学校もあります。寮生活では、家族の様に他人と関わるので、社会に出てからも深い絆で結ばれ、人生において大きく影響します。

入学時期

入学は Grade 9 (日本の中学3年生) から受け入れてくれます。中にはGrade 7 (日本の中学1年生) から受け入れ可能なジュニアボーディングスクールと呼ばれる学校もあります。