ミズーリ州立大学 (ミズーリ州)

Missouri State University (Missouri)

創立年: 1905年
学校: 4大(州立)
敷地:東京ドーム19個分
宗教:なし
評価:B

滞在 : 寮(敷地内、収容制限あり)周辺アパート
生徒数 : 14,924人(留学生8%, 1,182名)
場所: ミズーリー州スプリンフィールド市  アメリカの地図を見る
価格帯 : $25,000
合格率: 85%
GPA: 3.63
英語力: iBT 61点
SAT: 1,140

スクールの特徴

Missouri State University ミズーリ州立大学は、1905年創立で、ミズーリ州スプリングフィールド市に位置します。2005年にSouthwest Missouri State University サウスウエストミズーリ州立大学を経て、現在のMissouri State University ミズーリ州立大学となりました。

ミズーリ州立大学スプリングフィールド校の学生数は2万人を超えており、全米50州、そして世界70ヶ国以上からの留学生が当大学に在籍しています。85の学士号、45の修士号を提供しており、人気の専攻はビジネス関連・教育学・社会学、さらには健康科学などがあげられます。また、キャリアアドバイスにも力を入れており、インターンシッププログラム、コミュニティーサービス、ボランティア活動への参加が非常に盛んです。

大学にはESL英語研修コースがあるので、正規大学留学前の準備コースとして英語初心者でも入学が可能です。

セントルイスやカンザスシティーなどの大都市も近いので、週末を利用し小旅行も可能です。

学校のハイライト

スクール周辺環境

ミズーリ州にあるスプリングフィールド市は南西部に位置する、州内で3番目に大きな都市です。市名の由来は、マサチューセッツ州の同名都市スプリングフィールドから取ったといわれています。都会でありながら、自然にも恵まれており、森林浴やサイクリング等が楽しめます。その他、俳優ブラットピットが少年期を過ごした街として知られており、アメリカ南部の東西を結ぶ国道ルート66の発祥地としても有名です。人種構成は90%以上が白人で占め、アジア系やアフリカンアメリカン系はそれぞれ3%未満を占めています。最寄空港はスプリングフィールド・ブランソン国際空港で当校からは車で20分程と非常に便利です。

スクール専攻・学科(学士号)