アメリカには 5,000以上もの大学があり、それぞれの大学がそれぞれの特徴をいかして、個性的な教育方針を打ち出しています。またこの個性がアメリカの大学の魅力の1つとも言えるでしょう。

留学する前にアメリカの大学について知る事から留学準備が始まります。 

アメリカの大学について

アメリカの大学は、名門校のハーバード大学をはじめとする私立大学、アメリカ市民なら誰もが入学できる州立大学を、「大学」「カレッジ」という名称で呼ばれ、2年制のコミュニティーカレッジ(公立大学)、専門学校など数多く存在します。

1.私立大学

アメリカの伝統ある私立大学8校からなるアイビーリーグの名門のハーバード大学を筆頭に、プリンストン大学、ペンシルバニア大学やイェール大学といった、長い歴史のある世界的な知名度も高い私立大学が多く存在します。私立の大学は、中規模から大規模の大学が多く、学生数は 5,000~10,000人でクラスの少人数制(平均20名以下)になるので、学費が高く入学基準が高めに設定されています。

私立大学は、その中でも総合大学、リベラルアーツカレッジと教育方針が異なります。

私立総合大学は、研究を第一目的として、研究者を輩出する目的でメディカルスクール(医科大学院)やロースクール(法科大学院)、ビジネススクール(経営大学院)といった、専門性の高い大学院課程を設けて、様々な専門分野を学ぶという教育です。総合大学の最大の魅力は、なんといっても大学院です。総合大学は、学部教育よりも大学院教育に強みがあり、アメリカの大学は、Undergraduate と呼ぶのに対して、大学院では、Graduate(卒業)と呼ばれています。

リベラルアーツカレッジでは、大学院を持たず、教養教育を重点に、社会のリーダーを養成することが目的で、幅広くさまざまな分野を学んで、自分の将来の為の基礎をしっかりつくろうという教育です。入学の難易度も高く、1クラス10~20人程度の極めて少人数な教育を行っているのが特徴です。自然豊かな田舎に広大なキャンパスを構え、アメリカの東部に多く存在します。

2. 州立大学

アメリカの州立大学は、一番古い州立大学のジョージア州立大学でも1785年に創立と1636年に創立されたハーバード大学の約50年後と、東部に多くある私立大学に比べると歴史が浅く、工学や農学、看護学など州の経済発展の為のカリキュラムが多く取り入れている事が特徴です。

州立大学には、超難関の州立総合大学のUCLAでも学生数が、約45,000人とマンモス校が多く存在します。州の税金によって運営されている事から、研究機関としても大きな役割を果たし、学費や入学審査の面ではその州の住民が優先される事が特徴です。また多くの州立大学は、巨大なスタジアムやフィールドを持ちNCAA(全米大学体育協会)という組織に加盟しています。試合のリーグ戦は全米でテレビ中継され、米国民には人気のスポーツ観戦となっています。

3. 公立大学 (コミュニティカレッジ)

公立大学 (コミュニティカレッジ)は、地域の住民が気軽に通えるように運営されている、州立の2年制コミュニティカレッジです。手に職を付けるための職業訓練コースと、4年制大学に編入するための編入コースという、主に2つのコースで成り立っています。自動車整備士や土木工、電気技師、看護師など、さまざまな職種の基本的なカリキュラムを多く取り入れている事が特徴です。コミュニティカレッジは、学生数が約 3,000人程の小規模な学校が多く、誰でも学ぶ事ができる様に学費が年間 約4,000ドル程に設定されています。またその地域に住んでいれば入学審査がありません。

4. 専門学校 

アメリカの専門学校では、音楽・芸術・スポーツなどのある特定の専門を学びます。音楽・芸術専門校は、大学とは異なり多くの課題が出され、授業は主に課題をクラスメイトにプレゼンし、多くの意見を出し合います。また、IMGアカデミーのような一流のプロを目指すためのスポーツ大学も存在します。多くの専門学校は、私立で施設や設備の整った環境で学べる事が魅力の1つです。