MS(Master of Science)略で、日本語では「理学修士」大学院で理学を修了した人に与えられる学位です。 

MSコースは、アメリカでは「Ph.D.(Doctor of Philosophy 博士号)」のための準備コースのように考えられていて、生物学、科学、自然科学を次世代の為の研究及び開発をする人材を育てる為に学びます。

病気を治す方法、病気にならない方法、または、生き物の生態を知る事は、現在の技術を持っても多くの謎に包まれた分野であります。

大学院を持つ大規模な研究型大学

研究費が多い大規模な州立大学は、大企業との共同研究を最新の施設で教授と共に研究ができるのが、大規模な大学の魅力と言っても過言ではありません。

免疫生物学で世界的に有名な岩崎明子教授は、名門大学群アイビー・リーグに所属する8大学のうちの1校であるイェール大学に在籍し、現在も研究結果が多く評価されています。岩崎明子教授は、生化学を学び次世代のウイルスと戦う1人の世の中になくては存在となっています。

次世代の人気の学科Bioinformatics

ゲノムの技術の登場と発展により、膨大なデータをコンピュータで処理する事が可能になって現在では、バイオインフォマティクス(生命科学と情報科学の融合分野)が更に加速化された処理を行う事が出来る様になり多くの進歩の中で、多くの大学の人気のあるコースになっています。