留学について

毎年90万人以上の学生が、世界中からアメリカに留学しています。日本の約25倍の国土を誇る世界最大の経済大国であるアメリカは、大西洋の東部州から西海岸まで、多面的な顔を持つ大都市や自然が広がる大平原など、その計り知れない未知の魅力と活力に溢れています。世界中の人が憧れるアメリカは、フリーダム(自由)へのシンボルであり、夢に満ち溢れる国として、今でも多くの人々を魅了し続けております。

どの国よりも、アメリカは海外からの留学生を一番多く受け入れている寛容な国です。国の豊かさを象徴する経済活動は、何事にも縛られないクリエイテイブな創造性と、トップレベルのテクノロジーに支えられています。日本も世界に誇れる良い所は沢山ありますが、日本の置かれた立場を、日本の外から眺める事で初めて気付くビジョンを育てる手段としての留学は、日本を背負って立つ次世代に期待する大きなきっかけを確実に与えてくれる事でしょう。

日本でもグローバル化が叫ばれる中、語学力・コミニケーション・マネジメント力、交渉力、決断力が、一層求められてきています。日本でも、2021年からセンター試験の英語科目が、より実践的な内容への変更に舵が取られ、テスト内容も大きく変わるとの予想です。小学校でも学習指導要綱で英語が必須科目として導入され、自治体によってバラつきがまだ有るものの、すでに英語教育を積極的に取り入れる所が急増しています。これからの時代を背負う若い世代が、海外との接点にどう対応したら良いのかを考るには、もう待ったなしの状況でしょう。このような背景から「留学生の若年化」は、留学のトレンドとしていっそう加速されて行くものと見込まれています。 

「日本の義務教育が終わる中学卒業まで待ってからアメリカんの高校に留学しよう」という考えが、今までは多かったようですが、日本の教育現場でのいじめなどの学校対応の遅さや、スポーツ部活動で行き過ぎた暴力行為が一向に改善されない点で、 保護者の間で は、海外の教育方針にも興味を持つ動きを後押しさせているようです。これは大きな意識の変化とみて良いでしょう。米国・カナダでは高3(12 年生)までが義務教育なので、日本の中学までの義務教育に拘わる必要性と価値が、確実に薄れてきております。

最近のグローバル社会化が進む中で、幼児期からの留学は加速する一方です。急速な国際化のニーズの高まりで、「英語を話せて当たり前」の世代が育ちづつある背景には、日本の国際化がもう待ったなしの流れとなり、幼児期より英語を学ぶ環境が増えたのも要因のひとつです。国際競争力とは、英語でのナゴシエーション(交渉力)に尽きます。言語のハンデを無くすには「話せて通じてナンボの英語スキル」なのです。

アメリカ留学の魅力

アメリカ留学の魅力はなんと言っても最新のテクノロジーと個性豊かなカリキュラム、あらゆる国の人たちと文化交流ができるキャンパスライフの学習環境が整っている点です。

世界をリードをするアメリカ

アメリカの高等教育機関は、世界で活躍する多くのリーダーを輩出してきています。最先端の教育と開かれた研究機会が与えられているため、あらゆる分野から優秀な留学生達が世界中から多く集まるのです。

目的にあったアメリカ留学

70以上の多様な専攻学科を持つ総合大学は、カリキュラム選択の豊富さ、高い専門性、充実した施設と規模の大きさ、明快な出願制度、目的に合わせた環境選びなど、学べるチャンスも無制限なのがアメリカ留学の最大の魅力です。

グローバル化する社会

アメリカの大学教育は、常識にとらわれずに新しいものを自分で生み出す能力の開発や、チャレンジ精神を養うことに重点がおかれています。英語は、国際ビジネス社会を生き抜く上で必須なサバイバルツールです。