無事4年制大学に入学後授業に付いて行かれず厳しい現実を目の当たりにした…

  • 名前:池崎公美様
  • 学校:ウルトラサウンド医療短大 臨床検査技師学科
  • 留学期間:

ウルトラサウンド医療短大と出会うまでの経緯は?

日本からオレゴン州の大学を受験、シカゴでの2ヶ月の語学研修後に無事4年制大学に入学。
長年の夢を叶えたものの大学の授業に付いて行かれず、厳しい現実を目の当たりにした私は、授業料を払う前に中退、とりあえず英語校に又戻り、コミカレ(短大)への入学準備を開始しなおしました。

当初聞いていた日本の大学履修単位の移行で3年間で卒業予定が、実際は4年も掛かると通告されました。さらに希望していた超音波プログラムは競争倍率が極めて高く、大学1年次で基礎科目を履修し、良い成績を修めて面接選考枠に仮に入る事が出来ても、超音波学科への実際のエントリーは、希望者の3分の1しか2年次に進級出来ない事も判明。

アメリカで人気抜群な専攻学科なので、どの学校でも相当の競争率が予想されています。オレゴンの大学と同様、他で見つけた学校も専門課程の開始前に必須単位(解剖学や数学など)取得が追加で義務付けられていました。格安費用のコミカレ入学の倍率は実に30倍。
しかも、プログラム本科に入るのに3年待ち。これでは堪らないと悩み、一時は日本への帰国も検討しましたが、英語校にいるより少しでも可能性が有りそうな近くの短大に仮入学してまもなく、アメリカ留学センターのインターネットで紹介中のウルトラサウンド医療短大を偶然見つけました。

30歳で退職しアメリカ医療留学を選んだ理由?

もともと学生の頃から「アメリカ留学をしたい、異国で生活したい、映画やドラマを字幕無しで観たい」と言った漠然と憧れる気持ちを日本にいた時から持っていました。日本の大学卒業後、臨床検査技師として働くようになり仕事のおもしろさから仕事を辞められないまま、30歳を目前にようやく思い切って留学を決心出来た私です。
ただ年齢も年齢だっただけに、留学して帰国後の就職対策、その上「アメリカに行って英語がただしゃべれるだけでは今の世の中では通用しない。ならば一石二鳥で英語プラス何かを学びたい」と思い直し、自分がもっとも興味と自信が持てる超音波学科を選びました。
この分野なら日本で勉強した専門なので、英語のハンディがあっても少しは有利に展開して何とかなるかな?と踏んだからです。

現在の語学レベルとTOEFL点数は?

渡米当時、TOEFLがiBT 217点あったにも関わらず、実際アメリカに留学してみると英語が全然聞き取れず、全くしゃべれもしませんでした。特に授業なんて本当にちんぷんかんぷんの有様で、もう最悪なシナリオからのスタートを切りました。

留学生活に慣れるに従い少しは上達したものの、まだまだ不満足でネイティブとの会話でも聞き取れない部分がかなり残る滞米生活し始めの1年間でした。自分の英語が上達しない苦い経験も一杯しました。
ウルトラサウンド医療短大では「日本人留学生ゼロ」という理想的な学習環境にある為、入学後は英語を使う機会が思い切り増え、とても今は満足しています。ビバリーヒルズのレストラン街に面した学校の立地とかも気に入っています。

ウルトラサウンド医療短大に入学するまでの英語力取得の秘訣は?

とにかく授業についていけるレベルまで引き上げる以外に解決手段は無いです。これができないと本当に大変だと思えるからです。
私の場合、いろいろ遠回りを強いられましたが、ウルトラサウンド医療短大に入学する頃にはアメリカでの滞在も1年が過ぎていた為、それなりに授業に付いていけるレベルには達していました。医療短大入学前に少しでも現地の英語圏にてアメリカ英語のスピードに慣れる意味から英語校に通学する選択がベストです。

日本国内で英語学習するよりも、まずは現地で慣れろです。TOEFL点数だけを鵜呑みにして自信過剰になるのはとても危険であると、自己体験を通じて学びました。
英語研修中、私のように留学生同士でつるんで楽をしてしまうと英会話上達で大幅な遅れとなってお金を損するので、皆さん気をつけて下さい。

日本で臨床検査技師のライセンス有ると医療留学がもっと有利?

過去の留学から得たものは、精神的に強くなった自分自身の発見でしょう。日本にいた頃は家族や友人が助けてくれたけど、アメリカでは何でも自分でやらなければならず大変苦労しましたが、今まで本当に人に甘え切って生きてきたんだなとつくづく痛感し、精神的に自分が強く変ったなと確信出来ました。

また家族や友人の大切さも切実に実感されました。ウルトラサウンド医療短大に出会う迄は、本当に行き詰まって帰国しようかと悩んでいた真只中にいたので、「自分を応援してくれてる家族や友人の期待に応えたい、このままで帰るわけには行かない」と必死に解決策を探していた矢先にARCさんのウェブサイトで今の医療カレッジに出会いました。

なので、ウルトラサウンド医療短大を見つけたときは本当に「人生が変わった!」と思える程、嬉しくて仕方なかったです。これから留学目指す人にアドバイスなんてえらそうな事を言えませんが、まずは何よりも英語力での勝負です。学生時代に日本でもっとしっかり勉強しておけばよかったと後悔しきりです。

日米間の教育システムはだいぶ異なり、アメリカではテストテストに追われる毎日で大変です。ウルトラサウンド医療短大での授業内容は、臨床検査技師校を卒業された方ならまったく内容が同じなので、英語と言う違う言語に置き換える作業だけで済む為、カリキュラム自体を理解するのは本当に誰にでも簡単だと思います(但し、何度も言うようですが英語レベルさえ有ればです)。私は日本の大学授業をあまり真剣に受けなかったせいで、苦労を強いられましたが、それでもここの先生がたは、本当に親切でわかりやすく教えてくださるので、毎日の授業がお世辞抜きで楽しいです。

ハウジングの滞在先はどうしましたか?

アメリカ留学センター(ARC)さんにホームステイ手配を依頼し、学校までバス1本で行ける便利な家に住めました。
バス停が目の前に在り何処に行くにも便利でした。もう一人アメリカ人が下宿中で、英会話のスキルアップに役に立ちました。毎月の家賃も自炊式の個室で安くて、ホスト宅に入居時にはARCにエスコートしてもらい、大助かりしました。

これからの医療留学研修予定・抱負と夢は

やっと1学期が終わった所ですが、病院実習も含め後の残り1年半を無事に修了させた後、アメリカの超音波資格を得る為に1年間アメリカの病院で有給インターンとして働きます。
実習経験が無いと国家試験の受験資格がもらえないので、いまは目の前のことをひとつひとつ確実にこなし、がんばっていけたらいいなと思っております。

最後に、私はこの学校を見つけることができて本当によかったです。授業もアットホームだし、先生や生徒も親切。また、生徒一人ひとりのモチベーションが非常に高く、年齢層もさまざまで非常に勉強しやすい環境だと思います。

日本で臨床検査技師の免許を持ってる方にはベストな学校です。バス一本で通学可能なハウジング手配をARCさんにして頂き、ロスでの生活は非常に便利で、日本食も簡単に手に入り、車無しでもそんなに私は不自由していません。

ウルトラサウンド医療短大を卒業後のメリットは臨床検査技師の給与が高い為、自立しやすい労働環境整備がアメリカで整っている事です。 是非、皆さんにもアメリカでチャレンジして欲しいです。年齢的に遅すぎる事は決してありません。キャリアアップをかけ声で終わらせない為にも、まず行動する事から道がきっと拓けてきます。

Related posts