アメリカ・カナダの短大留学Q&A

Q1.アメリカ・カナダにある公立短大と私立短大の違いとは?
A1.

米国・カナダにおけるの公立短大は、「コミュニティ・カレッジ(通称コミカレ)」と呼ばれています。地元住民への職業訓練にも力を入れていて、費用が安いのが特徴で、地元民なら、誰もが気軽に手に職をつける目的で行きやすい地元密着型のパブリックスクールです。一方、私立短大はジュニア・カレッジとも呼ばれ、両国においても少数派で費用も高めです。ここでは、一般教養を学び、卒業後は四年制大学に進学する人も多いです。

Q2.短大から4大の3回生にトランスファー(転校)のメリットはなに?
A2.

アメリカの公立二年制大学であるコミュニティ・カレッジを卒業すると、四年制大学に3年生として編入できます。コミュニティ・カレッジで2年+四年制大学2年、合計の4年で間で大学を卒業する進学方法を、一般的に「2+2」(ツープラスツー)と表現されています。4年間のうち、最初の2年間を学費の安いコミュニティ・カレッジで学ぶことによって、4大で学ぶ同じ一般教科の授業料が、半額近い費用で履修できるため、授業料の負担を大幅に軽減できると言うメリットがあります。

Q3.短大入学時に選択すべき進学プランの注意事項とは?
A3.

入学時に4大に編入を希望するかどうかでコースが分かれます。進学コースは、四年制大学の最初の2年間で学ぶ一般教養の課程と同様の内容になっています。進学コースで学ぶ科目は、基本的に「大学レベルの」「アカデミックな」科目です。このコースで学んだ科目であれば、別の大学に編入するときに、その単位が認められます。

したがって四年制大学への編入を希望している人は、このコースで学ぶことになります。このコースを修了すると准学士号(Associate Degree)を得られます。Associate Degreeを得られるコースは、人文系をおもに学ぶAssociate of Arts(A.A.)のプログラムと、理数系の科目の割合が大きいAssociate of Science(A.S.)のプログラムとがあります。職業訓練コースでは、ある特定の職業の技術や知識を得るための科目を学びます。分野によっては、修了すると修了証(Certificate)を得られます。土木、自動車整備、看護、介護、秘書、コンピュータ、旅行、不動産など、あらゆる職種のスキルを学べます。このコースで学ぶ科目は、大学レベルのアカデミックな科目とは異なりますので、四年制大学への編入の際に単位は基本的に認められません。

Q4.短大の選び方の基準は?途中で専攻学科を変えられる?
A4.

寮があるか。人種構成のバランスがとれているか。カリキュラムがしっかりしているか。これらのポイントやランキングを元に学校の情報を丁寧に見ていきましょう。専攻学科は工学、美術などの一部の専門プログラムを除いて、通常は専攻を自由に変更できます。変更を希望する場合は、早めにアカデミックカウンセラーに相談しまししょう。

Q5.短大に在籍1年で他の短大・4大への転校も可能?
A5.

可能ですが、通常、現在のコミュニティ カレッジの認定ステータス、コースとカリキュラムの比較可能性、それらのコースで取得した成績などの要素が考慮されます。単位を州外の別のコミュニティ カレッジに移行できるかどうかは、いくつかの要因によって異なります。各教育機関には独自の編入ポリシーと手順があるため、編入したいコミュニティ カレッジの具体的な要件を調べることが重要です。

通常、日本からの留学生が短大に在籍1年のみで4大への転校へは大変困難ですが、弊社の奨学金制度を適用することによって道は開けます。詳しくはお問い合わせください。また残念ながら、各大学にはカリキュラム全体を満たす独自の授業計画を持つ特定のコースがあるため、通常、学校を変更すると移行できない単位がいくつかあります。

Q6.短大の専攻科目は出願時に決めないとダメ?
A6.

入学前に必ずしも専攻を選択する必要はありませんが、何を学びたいかをある程度考えておくと、4大に進学を検討中の留学生にとっては、時間の節約になります。

Q7.米国・カナダにあるトップ50のコミカレランキングを調べるメリットありますか?
A7.

アカデミックレベルの高いコミカレに入学さえすれば、良いと言う訳ではありません。4大への編入を短大から考えたい方は、編入したい大学がある同じ州内の短大を選ぶことをお勧めします。周辺の公立短大と提携契約を結んでいる4大の州立大学が多いからです。けれど、一般教養科目はどのカテゴリーから選択すればよいかは、どの州でも殆ど同じなので、ほぼ全ての履修単位、他州の短大からでも4大編入時には特に問題はないでしょう。重要な事は、どの州の公立短大に在籍されようとも、4大に編入するには、短大在籍中に積算成績評価(GPA)で高いスコアをゲットする努力に尽きます。

トップレベルの4大を狙いたい人は、高いGPA数値は絶対必要条件となるため、できるだけ「A]が取れる短大を選ぶ方が有利です。最低、3.40以上を最低スコアとしてゴール設定にされてください。ロサンゼルス周辺でお勧めコミカレ⇒ロサンゼルス シティ カレッジシトラス カレッジ、 モアパークカレッジカレッジ オブ ザ キャニオンズ

Q8.米国とカナダの公立短大でみられる違いは何?
A8.

アメリカのコミカレは、職業直結でスキルを身につけることを主目的とする、言わば、日本の専門学校により近い職業訓練(Vocational)プログラムと、4大での学士取得予定で、始めの2年間をコミカレで一般教養を履修後に、4年制大学に編入するトランスファープログラム(学業プログラム)の2通りの選択肢が準備されています。

留学生なら誰もが短大入学後に、アカデミックアドバイザーと個別面談しながら、どちらの進学プランのもとで公立短大で学びたいかを、始めに決める必要があります。これを曖昧にしておくと、卒業時期が遅れたり、お金と時間の無駄を強いられかねないので、ご注意下さい。公立短大の卒業時には、準学士号(Associate Degree)が授与され、専攻学科によってAA、又はAS、いずれかのタイトルの名称が付きます。

一方、カナダの公立短大(通称コミカレと、カナダの)とユニバーシティー(4年制大学)は、アメリカと比べると明確な区分けがみられます。カナダの公立短大では、コース修了までにに2~3年、或いは民間の専門校では6カ月~2年かかるプログラムまで多様です。より実践スキルの習得が色濃くでている専門校の形態をなしています。プログラム修了時には、「ディプロマ」と呼ばれ、準学士号とは呼びません。この点がアメリカとの大きな違いです。

Q9.英語研修を、民間英語校とコミカレ内にあるESLクラスを受けるのと、どこが違うの?
A9.

民間英語校は様々なコースがあり、目的に応じたクラスがとれます。教育が個々にしっかり行き届くようにするだけでなく、特別な資格をもったベテランの先生がみっちり様々なことを教えてくれるため、濃い授業を受けることができます。コミカレ内ESLクラスとはコミカレや大学が実施している留学生対象の専用語学プログラムです。そのため、上級レベルを終えると、留学生はそのまま同じ短大に正規入学が認められます。語学校はカレッジと提携しているところと、そうでない場合があるのでカレッジに進みたいと考えている場合、TOEFLを取るか、提携している学校に通う必要があります。

Q10.アメリカの公立短大には、学生寮は無いのですか?
A10.

「コミュニティ=地域」の言葉の意味通り、その地域に住むアメリカ市民や納税者への高等教育、キャリア教育、継続教育の場として設立されたのがコミカレの発祥です。アメリカ人学生の多くは、自宅又は、アパートの滞在先からコミカレに通学する為、学生向けの学生寮を設ける必要がありませんので、大半の公立短大には寮はありません。

但し、学生寮を校内に持つがコミカレもあり、ワシントン州Everett Community College、Bellevue College、Seattle Central Collegeを始め、カリフォルニア州、ニューヨーク州などにも存在します。興味がある方は、アメリカ留学センターまでお気軽にお問い合わせください。
Q11.アメリカでは、短大卒業後に見習いインターンとして働けるの?
A11.

アメリカのコミュニティカレッジを日本人が卒業した場合、卒業後の12ヶ月間に限って、アメリカ国内で働けます。これはOPT(Optional Practical Training)と呼ばれる制度で、留学生は最後の学期が始まる前に短大事務局に申請を済ませておくのが、その前提条件です。働けると言っても、実際に働ける場所を見つけられるかどうかは、本人の努力次第で自己責任となります。1年間だけ働けると就労条件をもとに、アメリカ国内での就活ですが、もし、仕事先が見つからなければ、4大その他の学校に進学手続きを取らない限り、日本への帰国を強いられます。

最長で米国内で1年間だけ働けますが、その後さらに働き続けるのは多難です。その理由とは、短大卒レベルでは、高い専門性の学問を終えたとの評価に不十分とみなされるためです。そのまま、米国にさらに居残るには、4大卒の学士号の取得か、又は州立大学が社会人対象のエクステンションコースで9ヶ月間の追加受講のいずれかの進学案を、選ぶしかオプションは残されておりません。つまり、米国での就労ビザ申請は、ハードルが高いのが現実であると認識されてください。

1年の見習いを過ぎたら日本に帰国必須なら、初めから日本で就活した方が良いように思われる方おられるかもしれませんが、米国で1年間実務歴を積める事は、帰国後の就活にはさらに有利でメリットも多く、皆さんの履歴書に付加価値が付きます。

Q12.カナダの公立短大・専門校を卒業後、見習いインターンとして働けるの?
A12.

カナダのコミカレや専門校の留学生なら、8ヶ月以上に渡って政府認定機関のスクールに在籍した留学生であるなら、就労許可証が申請できます。留学期間に応じて、8ヶ月~3年間の就労許可が発行されます。 つまり、働ける期間とは、短大・専門校で修了したプログラムの受講期間相当の就労資格だけが、えられる訳で、働ける期間は一律ではありません。この点が、米国の「OPTインターン」の一律12ヶ月間とは大きく異なる点です。

A13.

米国・カナダのコミカレに共通して言える事ですが、通常のアカデミックプログラムの2年制コースを選択せずに、9ヶ月~12ヶ月だけのもっと短期で受講だけで済む専門分野の修了証書(Certificate Program)がお勧めです。短大卒資格を必要とされない方にとって、実践コースだけを学べるが修了証書コースの特徴でもあります。

定の英語力に達していれば、このコースを現地の学生と一緒に学べて、特に留学予算に制限がある留学生で、米国・カナダでインターン資格で働きたい方には、最適かもしれません。大半の修了証書(Certificate)は、9ヶ月で取得できるものが大半なため、OPT(有給インターンシップ)にチャレンジを最速でできるのは大きな魅力でしょう。

OPT就労資格とは、正式な就労ビザではありません。あくまでF-1(学生ビザ)のステータスのままで、就労経験が積める見習い制度です。学校で学んだ事を、実社会で試してみるチャンスを留学生にも与えるという試みです。OPTを使って働ける期間は12ヶ月間のみですが、理数系の専攻学科でコミカレ短大・専門校を卒業した留学生への特典として、12ヶ月に加えてさらに24ヶ月のOPT延長が申請出来る為、合計3年間の長期で働ける事は、最大の見逃せないメリットですね。

A14.

留学中のアルバイト事情をご案内してみましょう。アメリカの公立短大に留学中の学生なら、学内での就労なら週20時間までキャンパスジョブとで働けます。短大の休暇中のアルバイトなら、週40時間までのフルタイム就労ができます。短大内のアルバイトは競争率が高く、英語で一定レベルがあれば、留学生事務局で留学生を支援するバイトのポジションが見つかりやすいです。最低賃金、時給$15前後が短大から支給され、税金を引かれた後のNET金額が手取りになり、毎月の生活費程度は稼げます。

一方、カナダの短大・専門校の留学生のバイト探しは、米国よりもはるかに緩やかで働きやすいです。キャンパス内でもオフキャンパスでも働く場所の規制はゼロ。週20時間以内の就労が(米国同様に許可されています。ただし、キャンパス外で働く条件には、次の4項目があります。(1)政府認定校でフルタイム留学生、(2)高等教育レベル(ケベック州では中等教育レベル)の学問・職業訓練・専門的訓練コースの受講生、(3)6か月以上且つ、学位/ディプロマ/サーティフィケート修了証書が授与されるコースの受講生、(4)社会保険番号(SIN)を持っているのが必須条件です。

カナダの公立短大(コミカレ)又は、専門校のディプロマ取得後には、就労許可がアメリカよりも受講したコースによってはもっと長く働けるメリットがあります。ディプロマのプログラムでも、2年よりもさらに短い6か月から1年と言った短期コースもあります。短期で何かしらの結果をもらえるディプロマが欲しい方には、低予算のカナダ留学の実現となります。2024年春の時点で円安為替レートを参照した場合、アメリカ公立短大授業料よりも、カナダ留学のコミカレの授業料は、およそ10-15%安いようです。